キンキーブーツワールドで三浦春馬さんに魅了された話

レビュー

キンキーブーツワールドで三浦春馬さんに魅了された話

 

渋谷東急シアターオーブにて2019年4月に公演された

ミュージカル『キンキーブーツ』

 

今日はキンキーブーツを見に行った話!

 

 

 

シアターオーブ

 

ブロードウェイミュージカル キンキーブーツ | ラインナップ | 東急シアターオーブ|TOKYU THEATRE Orb
「ブロードウェイミュージカル キンキーブ&#12540...

 

 

高校生の頃は、小池徹平くんが大好き、ラストシンデレラで三浦春馬くんにハマるという、王道をいっていた宇野。

ゆるっと推し二人が主演の、しかもミュージカルということで、初演時に、「見たい!!」とは思いました。

しかしながら、チケット取れないだろうなぁー、無理だよなー、と、はなからあきらめていたのです。

チケットを取る努力もせず!

しかし!!再演の情報解禁を聞いたとき、今度こそ!!と思い。

さらに、FNS歌謡祭のローラを見て、これはこれは絶対劇場にいかねば!!

と確信したわけです。

しかし、テレビの効果はさすがで、チケットは争奪戦。。。

やっとの思いで一枚だけゲット。

文字通り、チケットを握りしめて劇場へ。

 

キンキーブーツ

 

三浦春馬さんは出てきた瞬間から観客の視線を一気に集め、くぎ付けにしてしまう、そんなローラでした。

見た目の美しさはもちろん、歌唱力、ヒールでのダンスすべてが、三浦春馬があのとき演じたからこそのローラだったと思うのです。

春馬さんは、地球ゴージャスやハンサムライブなどを長くやってるので、舞台映えが、すごい。

歌も安定していて、ダンスももちろん、あのピンヒールで踊るのはかなりの訓練を積まないとできないこと。エンジェルさんたちはアクロバットまで!ひぇ~!

私は長年クラシックバレエを踊ってきましたが、トウシューズと同じくらい大変かも。

 

観劇前に気になっていたこと。

写真やゲネプロ映像を拝見し、観劇前は

「ドァラグクイーンで女性のドレスを着るなら、もうちょっとしなやかな筋肉でもよいのでは?」と思っていたのです。

ちょっとムキムキすぎるなぁ。。。と。

しかし、舞台の後半でなぜあそこまで鍛えていたのか、理由が判明しました。

幼いころボクシングのトレーニングを積んでいたローラ、ドンとボクシング対決をするシーンがあります。その時はもちろんドレスやヒールではなく、戦闘スタイル。美しい上半身のボディが舞台上に輝きます。

ここである程度の筋肉が必要だったのだなぁと。

お父様のことを思って歌う「 NOT MY FATHER’S SON」に涙し、クライマックスはもうノリノリでした。

CDを買って帰り、毎日歌っていたな~。

車で聞いていたら娘が覚えてしまい、「ある曲」は毎回飛ばさなければなりませんでしたが(笑)

 

映像化希望に署名集まる

 

今日、映像化の署名活動のニュースを読みました。

舞台を見た方、見に行かれなかった方。

もう「三浦春馬のローラ」を見ることが叶わないからこそ、こんなにたくさんの署名人数が集まったのでしょうね。

版権などの関係で難しいのは承知です、という発起人の方のメッセージが印象的でした。

映像化が難しいことはわかっている、でも声を上げていきたい、何かできることはないかという気持ちがすごく伝わってきました。

もう一度見たい。

それが、みなさんが願う「三浦春馬のキンキーブーツ」なのですね。

 

【公開された特別映像がこちら】

 

「あずき色はおばあちゃんの色。」

レッドが似合う気品あふれる凛としたローラを思い出し、

あるがままの自分を受け入れながら日々を過ごしています。

 

三浦春馬さんのNightDiverを元子役ライターがゲット!
三浦春馬さんのNightDiverを元子役ライターが聞いた感想。ドキュメンタリーを見て思ったことや、今の思い。

 

お読みいただきありがとうございました!

YouTube始めました!

 

 

宇野あゆみ出演作はこちらです♪

 

ハリー・ポッターと謎のプリンス [ ダニエル・ラドクリフ ]

 

 

【ツイキャス・ラジオ配信】


【note】

【インスタ】

 

よかったらフォローしてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

SNS Follow はこちら!