ある日シャープ公式さんからフォローされた。詐欺かと思ったらまさかの救いの手だった

SHARPさんのフォロー レビュー

ある日シャープ公式さんからフォローされた。詐欺かと思ったらまさかの救いの手だった

 

元子役ライターのあゆる(宇野あゆみ)です。

2021年の年末。今年も一年終わりかぁと思っていたら、SHARP公式さんからフォローされた。ライターとして得にバズっているわけでもない私。夢かと思ってスクショして二度寝したけど、実は救いの手だったのだ。

ツイッターのSHARPさん。なぜかハリポタの宣伝もしてくれる

83万フォロワーというオバケアカウントのTwitterのSHARPさん。

そのウィットにとんだ数々のツイートはもはや伝説。

SHARP製品のことだけでなく、なぜかハリポタの宣伝までしてくれるSHARPさん大好き。

ハリーポッターと謎のプリンスのちょっとうざいあの女の子(ラベンダーブラウン)の吹き替え、私です。

created by Rinker
¥299 (2022/07/06 19:39:19時点 Amazon調べ-詳細)

つまりアカウントのファンである私。ある日突然フォローされた

自社製品の良さを説きつつ、ゴリ推しはしないSHARPさん。

そんないちファンのわたしだったが、

ある日突然フォローされたのだ。

寝起きでTwitterを開いたので、ちょっとよくわからない。

とりあえずスクショ。

夢かな?とか

なりすましアカウントか詐欺だと思ってそのままにしつつご飯を食べていたら、DMが来た。

DMが来た

DM?

今度こそ詐欺だ!!そうに違いない!

プレゼントが当たりましたとか言って、サイトにアクセスさせて個人情報を抜き取る気だな!

それともSHARPの振りしたコンサルか!?

SHARPのTwitter運用方法教えます的な!?

DMに関しては、このような経験がものをいう↓。

Twitterの企画で無料コンサル受けてみた!ちょっと怪しい内容レポ
【怪しいの?】Twitter企画の無料コンサル受けてみた!その内容とは? 知識ゼロ・未経験からフリーライターとなり、ブログ運営をしているあゆるままです。実はTwitter運用を始めた頃、あるアカウントの企画で無...

私は騙されない!

絶対だ!

本物だった

しかしDMはほんものだった。

フォロワー数、公式バッチを何度も見直した。

本物のようだ。

どうやら、Twitterのいいねキャンペーンに当選したらしい。

ほんとに忘れたころにメッセージが来たぁぁぁぁ!!!

SHAPさんの救いの手とは?

びっくりして家族に報告した。

だれに言っても

「え?うそでしょ?ほんとに届くのぉぉぉ~??」と半信半疑。

いや、そうだよな。

私だって疑っている。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥60,980 (2022/07/06 19:39:20時点 Amazon調べ-詳細)

だって見てくれよ。

これよ?

そんな高価なものが当たるのか??

いいねだけで??

もっと何かSHARPさんに貢献すべきなのでは?

リツイートとか、2万文字のSHARPさんの良さだけをつづった記事を納品するとか、

そういったたぐいのことが必要なのではないか?

と、ぐるぐる考える私。

SHAPさんの救いの手・その2

しかし、届いたのだ。

ホットクック

本当に届いたのだ。

ホットクック

「火加減もまぜ加減もおまかせ、自動調理器」

夢のようなキャッチコピーではないか。

ホットクック

くわしいホットクックのレビューは別記事に書いたが、

私が一番感動したのは

「全自動」ということ。

冬休み・クリスマス・年末大掃除・お正月・その合間に在宅でライティングの仕事をする。

戦闘力ゼロの私は、へろへろだった。

誤解のないように記載しておくが、うちのパートナーは料理上手で、オフの日のご飯は担当してくれる。でも年末年始はほとんど休みがなかった。

小学生の子どもたちも、洗い物はしてくれるし、やきそばなど簡単な料理は出来る。

しかし、それでも私はへろへろだった。

そこに届いたSHARPさんからの救いの手。

ホットクックをセットアップし、まずは回鍋肉を作ってみた。

レシピの「味噌大さじ11杯」の表記を見てあきらめそうになったが、なんとかカンで乗り切った。(レシピ通りに作りましょう。)

スタートボタンを押すと、「加熱はまかせてね!」としゃべるホットクック。

私はなぜか泣きそうになった。

家電の言葉で泣きそうになるとは。

「あとはまかせてね!」

その心強い言葉こそ、へろへろの私を救う一言だったのだ。

大げさかもしれないけれど、

ホットクックはすべての「おうちごはん」を作る人の救いになると思う。

ホットクックがあとはまかせて!というので、私はゆっくりとお風呂に入った。

私がお風呂に浸かっている間、お肉とキャベツをほどよく混ぜ、ホイコーローを作ってくれているのだ。

なんと働き者なのだろう。

もはや国民の必須家電として、政府が配るべき家電だ。

勝間和代さんの本で、

「ホットクックがあればフライパンも鍋も捨ててよし」というようなことを読んだ。

いやいやさすがにそれはないでしょと思ったけど、実際に使ってみたらそうかもしれないと思ってきた。

出来ないことと行ったら、ジューシーに焼き目がついた焼肉ぐらいじゃないだろうか??

そうこうしてるうちに「おいしくできたよー」というホットクックの声。

完成してた。

肉に火が通りすぎて硬くなることなく、やわらかなホイコーローが完成していた。

神!!!!!

ありがとうホットクック。

私はもう君無しでは生きられない体になってしまったようだ。

頼んだ、相棒!!!!

小6娘の感想は、

「材料切るだけですごいね!これなら私もいろいろ作れるし、弟くんもできるね!」

ホットクックにより、昔からの相棒(子供たち)の戦闘力も上がったようだ!!!

SHARPさん、ありがとうございました!

いきなり買うのは・・・って方はレンタルもおすすめ!

 

 

ちなみに、セーラームーンファンで緒方恵美さんが大好きな私は、

「緒方さんボイスに出来ますか??」とSHARPさんに直接問い合わせたのは内緒だ。

「ヘルシオだけなので出来ません。でも、興味を持って下さりありがとうございます」という返信を頂き、さすがの対応に舌を巻いたのだった。

SNS Follow はこちら!