なつかしい!というものはたいてい実家にある

レビュー

大人になると実家からいつも宝物を発見する

こんにちは!元子役ライターの宇野あゆみです。

出演作はウルトラマンコスモス(マリ)、ハリーポッターと謎のプリンス(ラベンダーブラウン)、大好き!五つ子シリーズ(斎藤結衣)などで、現在はライターとしてお仕事をしています♪Twitter出演作はこちら!

最近の人気記事!

 

これは・・・

以前、実家で発掘したもの。

 

VHS!!!ビデオ!!!

懐かしい~!!!

当時幼稚園生の息子に

「これなぁに?」と聞かれました。

 

し、知らないよね。

昔は動画配信なんて考えられなかったし、DVDレンタルのツタヤとかかろうじてあるけど、

もとは「レンタルビデオショップ」なのよ~。

ツイートすると予想外に反応を頂き嬉しい限り♪

ビデオテープ(VHS)とは

カセットテープの映像版というイメージで、昔はビデオテープに録画やダビングしていたのです。

フォロワーさんのコメントで思い出しましたが、テープのツメ部分を折るともう録画できず、セロテープを貼ってツメ部分を隠すとまたダビングできる、のだったかしら?

もうビデオデッキがなくなってしまい、見られないけれど、出演作のビデオテープは実家で母がたくさん保管してくれています。

「劇場版ウルトラマンコスモス」を発見しました!

早戻し

いまだに「早戻し」を「巻き戻し」と言ってしまいます。

自分では全く気付かなかったのですが、年下の友人に「巻き戻しって、今言わないでしょ?リモコン見てみて」と言われ、見てみると

早戻し」って書いてある!

早送りは早送りなんですね。

「スキップ」とか「10秒送り」など、ビデオテープ時代には考えられなかった発想。

確かに動画配信やDVD・Blu-rayでは「巻く」要素ないもんなぁ。

妙に納得でした。

「シーンサーチ」や「初めから見る」など、本当に便利になりましたよね。サムネイルを見ながら見たい場面を選べたりと、Blu-rayや動画配信は本当に便利。テープの劣化で見られなくなる、ということもなくなりましたしね。

巻き戻す時間も結構好きでした

ビデオテープの見終わったあとの巻き戻し。

面倒といえば面倒なんですけど、

「こんなだったなー」と振り返ったり、次なにみようかなーとぼーっとできたりして。

あれはあれでいい時間だったなぁなんてふと思うわけです。

でも、VHSは収納するにもかさばるし、なんせ2時間くらいしか容量ないですもの・・・ギガとかメガとか比じゃないですね。

動画配信は大量のタイトルから選べるのも魅力ですね~!

さて、明日は何を見ようかな!

 

SNS Follow はこちら!